革カブ的な日常

スーパーカブをオリジナル革パーツでくるんでます。最近はあまりカブには乗らなくなったので,ガジェット好きオヤジの日常といったところです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりのカフェカブ参戦

3年ぶりにカフェカブに来ています。
ホンダ本社前

今年は2日に分けて開催で,それぞれ350台までのエントリーだそうです。目一杯集まると700台,そこまではいかないとしても5年前の感覚だと400台くらいなので,着実に参加者は増えているんですね。
懐かしい顔ぶれあり,初めてご挨拶する人ありでいつもの楽しい時間を満喫しています。

2006年のカフェカブで知り合った佐藤さんのC70は今年の春に10万キロを突破したそうです。
10万キロ超えの佐藤さんのC70
メーターが一回りしてます。先日このカブで新潟県まで日帰りで行かれたとか。往復600キロ超えです。
私より年上ですが,まだまだお若い!

革カブを見て声をかけていただいたひよこさんの55周年限定リトルカブ
ひよこさんの限定リトルカブ
チキンラーメンの箱がかわいい!そしてナンバープレートの黄色ともマッチしてます。
1年以上乗っていらっしゃるそうですが,傷が目立ちやすい黒い車体が今もピカピカです。

革カブはエントリーNo162ということで,会場脇にぎゅうぎゅう詰めになって並んでいます。
革カブ


久々の参加のせいか,革カブを初めて見たという人も多いようです。
最初に革でくるんだサイドカバーは10年ものなので,結構な年月が経っています。
せっかくなので革カブについてまとめてみます。
自宅前にて


革になっているのは以下のパーツです。
・フロントフェンダー
・フロントカバー
・ハンドルカバー
・ハンドルロワーカバー
・フレームカバー
・ブレーキペダル
・キックペダル
・ステップ
・オイルフィラーキャップ
・シート
・タンク横のエンブレム
・サイドカバー
・リアフェンダー
・リアサススプリング
・ナンバープレートベース

革はほとんどが牛のヌメ革です。一部水牛の革を使っています。
すべて自作で,縫い目はすべて手縫いです。
よく「雨の日は乗れませんね」と言われますが,雨の日でも問題ないです。単に帰ってから車体を拭いてあげるのと,失った油分を補給するくらいです。革靴と一緒です。

ベース車両はC90DX(2005年)です。
フロントをテレスコピック化するのが流行った時期があって,その頃にフロントフォークをCL90のものと交換してあります。ハンドルとヘッドライトはカブの顔だと思っているので,そのままつけられるように工夫しています。
今は純正がテレスコピックなのであまり目立ちませんね。

エンジン,キャブレータ,マフラーも手が入っています。
6万キロ乗った今もそれなりに速いですが,安全運転を心がけています。


2015/10/24 16:50追記
思いがけず人気投票で4位をいただきました。投票いただいた方々,ありがとうございました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kawacub.blog60.fc2.com/tb.php/518-4711b6af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。