革カブ的な日常

スーパーカブをオリジナル革パーツでくるんでます。最近はあまりカブには乗らなくなったので,ガジェット好きオヤジの日常といったところです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画スーパーカブ

リアルタイム報告ですでにアップしていますが、初日、見てきました。
ネタバレの内容はないので安心してお読みください。

以下、先々週くらいから時の流れに沿ってお届けします。

公開を知り、前売り券を2枚購入。前売り特典でステッカーを2種類ともゲット。
チケットが2枚あるので嫁さんを誘って一緒にいくことに

公開前週、主演の斉藤慶太さんのブログで20時40分から舞台挨拶があることを知る
舞台挨拶があると混むから、別の時間帯にしようと考える。

公開前日、シネマロサのホームページで、1日1回20時40分からだけのレイトショーしかない、ということを知る(小田原は1日4回公演)

さて当日(今日)。舞台挨拶があるなら、満席の可能性もなきにしもあらず、ということで整理券をゲットするため、朝11時にシネマロサへ。

30分ほど並んで50番、51番をゲット。20時15分集合とのこと。

一旦家に帰って、嫁さんを連れて(さすがに寒いのでタンデムではなく、車で)出直し

玉金という焼き鳥屋(1本50円~!)で夕食をたらふくいただく

20時15分、シネマロサ前に到着。
開場前


王様のブランチで紹介されたためか、映画館周辺はいろんな人種でごった返し状態。
 ・マスコミ関係者らしき人たち
 ・斉藤くんのファンらしき人たち
 ・バイク乗りらしき人たち
 ・出演女優のファン?らしき人たち
 ・やじうま
そんな中、1台だけカブを見かけました。映画を見に来た人の物かどうかは不明。
カブ登場

アメリカンバイクのものを流用したらしいタンデムシートがついて、マフラーはスパトラでした。

最終的には160人以上集まったみたい。整理券の番号順に入場。

上映室前の廊下にさりげなく置いてあったカブ
慶太カブ

撮影で実際に使ったカブだそうです。よく見るとあちこち錆びてます。結構古いカブみたい。
シートだけ妙に綺麗でした。

詳しく見てみましょう。
ピンクナンバーとV8マフラー

相模原市のピンクナンバーがついてました。90ccオーバーということでしょうか。
そしてV8 SPEED-SOURCEと書かれたチタン風のマフラー。検索してみましたがよくわかりませんでした。唯一見つかったのがこれ。とりあえずボアアップ対応のマフラーらしいです。
テールランプの形と、後でお見せするメーターからいって、カブ50がベース車両のようです。

クラッチ付き

ポスターや予告編で予想されていたとおり、クラッチ付きのエンジンが搭載されています。
ストーリーの中でこのエンジンがどういう位置づけかは見てのお楽しみですが、メッキのクランクケースが眩しいですね。
それから、エキゾーストパイプとレッグシールドが干渉して、ちょっと溶けちゃってます。

キャブとパワフィル

吸気系はパワフィルとPB系と思われるキャブがついています。ノーマルのキャブかとも思いましたがチョークレバーの位置が違うので別もののようです。

メーター

メーターを見ると、2万キロ近く走ってます。
カブなら2万キロなんてまだまだ若造ですけどね。オックンなら1年で走る距離です。

左スイッチボックス右スイッチボックス

クラッチをつけるにあたり、左のスイッチボックスが交換されています。右はノーマルのがそのままついているので、ウィンカースイッチが左右両方についてます。
カブのハンドル径に合う、左のスイッチボックスって何の流用だろ?

シネマロサ限定のキャンペーンとして、映画を見た人から抽選で1名にこのカブをプレゼントだそうです。応募資格に小型限定以上の免許を持っていること、というのがついていました。
一応応募はしたものの、当たったら欲しいか、というとビミョウかも・・・・


とまあ、カブの写真を撮ったり、パンフ(500円。高い!公式サイトの内容をただ印刷しただけでは?って感じ)を買ったりしているうちに舞台挨拶が始まりました。
ちなみに、会場は若干立ち見が出るくらい満席でした。
主演の斉藤慶太くんはかなり緊張してましたね。倉科カナさん、長澤奈央さんは画面で見るよりも可愛かったです。室賀監督はでかかった。
僕たちが座った席の前に斉藤くんのファンらしき女性達が自作の斉藤くんウチワを持って10人くらい固まっていたのですが、きゃーきゃー騒ぐこともなく、恥ずかしげに応援してました。
舞台挨拶の後、観客をバックに記念撮影。この時点ですでに上演開始予定時刻を30分ちかくオーバー。

ようやく上映開始。
内容は、まあだいたい予想通りかな。眠くなることはありませんでした。
つっこみどころは満載ですが、まあ細かいことは気にしないってことで。

約80分の上映が終わったところで何故か観客から拍手。
もちろん出演陣が前に出てくるわけもなく、そのまま終了しました。

コインパーキングに駐めた車に戻り、気温1度の池袋の街を後にしました。

コメント

初日の状況がよくわかりました

Soogieさん、こんにちは!
楽しく拝見しましたよ。
これからもお互いに好奇心旺盛なオヤジでいきましょう!(笑)

  • 2008/01/27(日) 08:04:10 |
  • URL |
  • TONY #tHX44QXM
  • [ 編集]

う~ん、なんともコメントしがたいカブやな~。
エンジン、キャブ、マフラー以外はノーマルかな?
最高速を上げるだけのカブって事で、高校生にはウケるでしょうね。

  • 2008/01/28(月) 11:35:43 |
  • URL |
  • クルーゾー警部 #-
  • [ 編集]

TONYさん>
コメントありがとうございます。
2/11楽しみにしてます。

警部>
最高速があがるかどうかも微妙なかんじですね。サスペンションは特に変わった様子はなかったです。

  • 2008/01/30(水) 01:32:04 |
  • URL |
  • Soogie #g/7TYBWA
  • [ 編集]

ワシも日曜に見てきました。
ある程度予想はしていたので、むしろ面白く見ることが出来ましたよ。

で、プレゼント用のカブですが・・・
劇用車なんで、実際の走行はどうなのかなぁ?と思います。
映画やドラマに使われている劇用車は、画面でそれっぽく見えるようにしてあるだけで、実際はとんでもない作りで実用に耐えないのも多いですよ。

このカブも、実際にショップなり誰かが実用目的で改造したのを映画用に買い取ったとかなら、謎が多すぎますよね。
ピンクナンバーなのにC50用メーターや、
錆びすぎてるキャリアやスタンド。
それに新品?のシート。
レッグのボルトも付いてないし。。。
Gyaoでの斉藤慶太さんのインタビューでは、何台かカブがあったと言っていますし、その内の1台なんでしょうね。
http://eiganavi.gyao.jp/news/2008/01/post-5488.html

ワシは、実はエンジンはノーマルの遠心のままで、クランクケースとクラッチレバーだけ付けてそれっぽく見せたのかなとさえ思っていました。
ネタバレなので書きませんが、映画を見た人なら解ると思います。。。
でも、上記のインタビューでは、クラッチのつなぎ方云々と書いてあるので、本当にマニュアルクラッチなんでしょう。

でも、このカブは一般の人にプレゼントするんですから、ちゃんと公道を走れるようになってるんでしょうねぇ?。。。
でないと困りますよね。

ま、青いスイッチとあのシステムが本当に付いていて、あんな走行が実際にできるのなら、それはそれで賞賛しますけど(笑)

  • 2008/01/30(水) 09:59:09 |
  • URL |
  • タイカブ@いまい #.uq7WIog
  • [ 編集]

そんな映画やってたんですね。
私のカブは現状ぼろぼろになっているので現在復旧作業中なのでカフェカブもふさんか・・・今年こそはきれいにして是非ツーリングなどもいけたらと思っておりますよw

以上、今年もよろしくお願いいたします!

  • 2008/02/01(金) 00:08:45 |
  • URL |
  • にすも #-
  • [ 編集]

にすもくん、おひさしぶり。

仕事忙しいのかな~
カブ、大事に乗ってあげましょう。

  • 2008/02/01(金) 22:03:11 |
  • URL |
  • Soogie #g/7TYBWA
  • [ 編集]

おいらも昨日スーパーカブ納車したぜぇ

オセェー(笑)でも良いバイクだぜ。一生物かもしれん

  • 2012/11/22(木) 03:47:17 |
  • URL |
  • たかし #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kawacub.blog60.fc2.com/tb.php/318-6979fc53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。